銀行系カードローンの融資審査の基準についてです。

MENU

銀行系カードローンは基本的に審査が長く厳しい!

 

銀行系カードローンは審査が厳しいと思ったほうがよい!

キャッシングには発行元を分類して3つに分けることが出来ます。
1つは都銀や地銀などが発行している銀行系、
2つ目はクレジットカード会社や大手スーパーなどが発行している信販・流通系、
3つ目は消費者金融会社が発行している消費者金融系です。
中でも銀行系は金利が低く、また総量規制の対象外となっているので、非常にスペックが高くなっているカードローンです。

 

お金を借りるには審査が必要であり、その際には自分の属性(年収や職業、勤続年数や居住形態など)と信用情報(過去の借入状況や支払い履歴など))がチェックされます。
銀行系カードローンでお金を借りたいが、どこか審査の甘い金融業者はないかと思っている人もいらっしゃるでしょう。
もし通過する可能性が比較的高い業者を探しているのであれば、そもそも銀行系カードローンはお勧めできません。
理由は銀行系カードローン審査が非常に厳しいからです。

 

「銀行系」と言うだけあって、やはりフリーターやパートよりも正社員のほうが審査に通過しやすいでしょう。
フリーターやパートのような雇用形態のひつにとっては銀行系カードローンは審査が甘くはなく、厳しいと言えます。

 

 

消費者金融はパート・アルバイトでも審査通過は可能!

一方で消費者金融系は銀行系に比べると審査も早く利用しやすいようです。
大手の消費者金融では、「安定的な収入がある人であればフリーターでも審査通過しお金を借りることは可能」と謳っています。

 

さらに、指定時間・曜日内に契約完了すれば即日お金を借りることも可能です。
なるべくお金を借りたいと思っているのであれば消費者金融系のカードローンががお勧めですよ。

 

ただ消費者金融のカードローンでも借入審査があり、それに通過しないと発行できないことを知ってきましょう。
もちろん、消費者金融だからといって審査が甘いワケでは無いので注意してくださいね。